<%topentry_>
<%topentry_>.<%topentry_>

排他的パウリ効果

Category: 未分類
テレパシーは論外。
シンクロニシティも結果的説明としか思わない。
ユングには同意できない。

仲間内だけで成立していこうとする理論や規則には容認できない。

秘境の温泉は男女混浴って誰が決めた!
皆裸だからお前も脱げと言われても承服しかねる。


ある後付け効果をでっちあげることで都合よく整理・納得できることがある。


排他的な野外温泉だと妙な事になっても仕方ない。
これを「露天風呂効果」と言うらしい。

十年振り以上の同窓会では二次会以降お泊りになっちゃっても仕方ない。
これを「同窓会効果」って言うらしい。

普通の映画を再編集して24フレームに1枚の割で変な画像を入れておかれるとそれを見た私はなぜか変になる。
これを「閾値以下ふしだら効果」と言われる。

凄っい媚薬だからと言われて片栗粉を粘膜に塗られたりするとその気になってしまう・・・
それを「ただの猥ら効果」と言われちゃう。

前衛的なご夫婦たちと一緒に人里離れた民宿の相部屋に泊まったりすると総意誤認されてなんでもOKになってしまう。
これを「相部屋合意効果」って言う。

なぜか小さな赤い電球の暗い部屋でモノクロームを焼くという・・・
白い紙に浮かび上がってくる生々しい現代の春画を見ていると同じ様な事になってしまう。
これを「暗室効果」って言う。

位置情報を残したままスマホを家に置いてホテルから遠隔操作で出張してる彼とラインでおやすみをする。
これを「トンネル効果」と言う。

いろんな効果を試されてるわたしは「効果てきめん」なのだ!












Comment:235
back-to-top